FC2ブログ

『禅僧が教える心がラクになる生き方』読了

読書
05 /15 2021
『禅僧が教える心がラクになる生き方』著/南直哉

自分を大切にするなとか、人生に意味などないとか
結構そっけない言葉で書かれていますが、全体的に読んで
「赦しのお話し」なのかなと思いました。

まとめちゃえば「五蘊皆空」の一言で済むけど
ポジティブシンキングや行動奨励する自己啓発本を20冊くらい
読んだら、この本を1回サラッと読み返すくらいで
バランス的にちょうどいいのかもしれないなぁとも思いました。

なんか人生、みんな頑張りすぎちゃってるなって。
少なくとも私は、私にとって分不相応に頑張りすぎちゃってるなって。
そもそも自分自身が望んで生まれてきたわけじゃなく、親の身勝手で
この世に放り込まれて、生きることを強制されているだけなのに。
そんなに「生きること」に真剣にならなくてもいいのかなって。

目的をもって自発的に能動的に行動的に生きることを
楽しんでいる人たちを否定するような内容の本ではありません。

ただ、それをするのに疲れてしまったり、嫌になってしまったり、
自分が我慢してそういう生き方をしているから他人にも強要せずに
いられないような生き方をしている人たちに対して
「別に頑張らなくていいよ」「頑張る必要性なんてないんだよ」
「そもそも生まれてきた事にも、人生にも意味なんてないんだから」
そういって、素直な自分の気持ちを赦してくれるような本です。

私は読んで、心がラクになったような気が、素直にします。
ずっとこの本を参考に生きていこう!みたいな気持ちじゃなくて
「こういう考え方もあるのだから、心から頑張りたいと思える時だけ
心からそうしたいと思えるような方法でだけ頑張ることを楽しんで、
楽しめなくなったらこの本を思い出そう。自分を赦そう。」
みたいな気持ちになれました。心の休憩所ができました。

『「本当の気持ち」を話せるだけで人は救われる。』という章があります。
私は物心つく前から毒母に洗脳されて、長いこと自分の気持ちを
誰にも話すことができませんでした。
自分が自分の気持ちを持っているということさえ否定され、
自分自身さえ自分の気持ちを否定して生きてきました。

結果としてうつ病の引きこもりになったことで社会福祉に
救われ、洗脳も解けましたが。笑

私はブログを始めて、誰とも知らない訪問者の方に
言いたいことを言わせてもらって救われているのかもしれません。

それにこの本では、人との関わりの重要性についても書かれています。
大切なのは「人の縁」。生きていれば一朝一夕とは言わないまでも
人との縁を厚く育てていくことは、いつからでもできる。
そのためには自分を開いていくことが必要、と。

私を救ってくれたのは、私を生み育てた親や家族や親戚ではなく
社会福祉に携わる赤の他人でした。そして同じ悩みを抱える仲間でした。
私は私の意志で、大切にしたいと思える人こそを大切にしていきたい。
私が望むことだけ、私ができる範囲でだけできればいい。

そうしたら「良い人生」を送りたいと気を張って頑張りすぎなくても
「悪くない人生」を、ある時ふっと終えることができるのかな。
それくらいでいいのかな。いいのかもしれないな。と思いました。

肩の力を抜いて生きていきたい人にはオススメの1冊です。
スポンサーサイト



仕事を早退=英断

不調
05 /14 2021
今日は仕事を早退してしまいました。
精神安定剤の効きが悪くメンタルが不安定になってしまったので
午後の仕事はスッパリ諦めて帰ってきました。

今までならずどーーーんと落ち込むところです。
でも今日は落ち込まない。英断だったと思います。
無理して体調不良が長引くくらいなら、今日はもう金曜日だし
ちょっと早く土日に入ったと思って休息に尽力した方がいい。

たぶん今週前半、結構躁症状が強く出ていたので
頑張りすぎた反動が今日になって出てきたんだと思うんですよね。
明日心療内科の通院日だし、先生に相談してみよう。
自分の心が自分の思い通りにならなくても落ち込まないのは
冷静に自己分析できてるってことで良い傾向だと思います。

なんか今になって何日か分の疲労感が圧し掛かってきた気も
するんですよね。体力的にも精神的にも。
今日もゆっくり休もう。で、先生に色々話を聞いてもらおう。

明日の診察のために話す内容をまとめておきたいけど
今日はもう寝る。疲れたもん。
病院が遠いので、通院する電車の中で考えればいいや。

休むのが最優先。休むのが一番重要。今日の決断は英断。
悩まないし考えこまない。むしろ自分を褒めたいです。
そして自分を労わるために、早く寝る。

人を救う「悪口」もあるんだなぁ

アダルトチルドレン
05 /13 2021
私は人の悪口を言うのは良くないことだと思っています。
と、いうか…そう教えられたので、そう信じて生きてきました。
生来の単純さと、ASD特性の愚直さがそうさせたのだと思います。
家庭でも学校でも、こう教えられてきたので
素直にそうなんだー、そうだよねー、良くないよねーと頷き
その考え方そのものに対しては、今も否定的ではありません。

でも今日、私は悪口に救われました。
毒母の悪口をボロクソに言ってくださった方がいるんです。
スカ―――――――ッ!!!としましたね、ホントに。笑
それはもう、遠慮なく、人の親の悪口を私に直接。

それで気づいたんです。
学校で習った「人の悪口は良くない」は社会通念だと思うんですよ。
毒母に習った「人の悪口は良くない」は社会通念をカモフラージュにした
「私(毒母)は悪口を言われて当然の人間だけど、指摘は許さない」
という強迫だったんだなって。子供の心を無視した自己防衛だったんだな。
私は無理矢理、発言の自由を奪われてたんだなって。
自由に自分の気持ちを持つことさえ抑えつけられて否定されてたんだなって。

やっぱり、間違ったことは間違っているというべきだし
本当に悪いことは悪いと言われてしかるべき。それはもはや「悪口」じゃない。
母が悪く言われるのは、ただの「事実」です。凄くしっくりきた。

たとえどんな事情があっても、何も悪くない我が子を
生まれてきたいと望んで願ったわけでもなく自分勝手に産まれた我が子を
自分で産んでおきながら傷つけるような毒親は許されてはいけないんです。

「世の中に良いだけの人、悪いだけの人は存在しない。
どんな人も良いところと悪いところがある。
悪いところがあるからと言って人格全てが悪いわけではない。」
これは多くのACに対して知ってほしいし実感してほしい言葉です。

でも、毒親は違います。
“自分にどんな事情があったとしても”です。毒親は無条件に悪です。
産まない選択肢もあったのだから。“どんな事情があったとしても”です。
「毒親である、毒親であった=人格全てが悪い」は揺るぎない事実です。

ACは自分の意見、自分の価値観に自信がありません。
生きるエネルギーを毒親に擦り減らされてギリギリで生きているから。
だからこそ、人の言葉でとても傷付きやすい。
そして、人の言葉に、ものすごく救われるんです。

毒親とはいえ、親の悪口を言えば責められる状況は多いと思います。
でも、毒親の悪口は声高に言ってください。絶対救われる人がいます。
毒親は無条件に悪です。許される日は来ません。何があってもです。
だからそんな毒親のことなんかで苦しまなくていいんだよって。
悩んでやる価値なんかないんだよって。私は言い切ります。

私は人に、救ってもらったから。
今までも何度も何度も、他人に支えてもらって起き上がれたから。
物理的な仕返しはしないで老後は完全スルーの予定だけど
同じ苦しみを抱える人のために私は「悪口」と責められても
「事実」を訴えかけ続けます。誰かの救いになるかもしれないし。

まあ、ブログでというよりは、リアルで身近な被害者同士で
自助的に行うことの方が多いとは思いますが…。
でも、もし親を悪く言うのが苦しい方がいるとしたら大丈夫。
自分を責めたり怖がらないでください。「悪口」言って大丈夫。
毒親は無条件に本当に悪いんだから、ただの「事実」。
思っても、言っても、いいんだよ。あなたの心に正直になって!

自分に対しても他人に対しても、そんな風に言えるような
風通しのいい気持ちに、今日はさせてもらうことができました。
人との出会い、そして対話に、深い感謝を。

モヤモヤする~…

病気
05 /12 2021
何だろうなぁ~、このガソリン尽きてるのに走れてしまう感じ。
元気は元気なんですよ、心身共に。まだまだ頑張れそうな感じ。
でも疲労感が体や心の奥の方でジリジリ、ジリジリ警報鳴らしてる感じ。

食欲はあるし、睡眠はとれるし(薬にも頼ってるけど)、
肌の調子はいいし、それなりにご機嫌。でも嫌な感じする。
こまめな休憩を心掛けてるのに取れてない。
それでも頑張れちゃってる。何ならいつも以上に。危ない。

早寝早起きはできてるし、その日にするべき仕事は計画通りに進んでる。
英語の勉強も滞りないし、コミュニケーションもスムーズにとれてる。
笑顔で過ごせて楽しさも感じるし、イライラするようなこともない。
でも、なんかザワザワする。えー…なんだろう、この感じ?
すっごい、嫌!すごく気持ち悪い!

今週末通院日で良かったかもしれない。
しっかり心療内科で相談しよう。
なんかヘン。なんかオカシイ。上手く言葉にできないけど。

私には相談できる人がいる。だから不安にならなくて大丈夫。
そう言い聞かせながら“できるだけ”無理せずに、あと2日走り抜きます。

心の負担にならない範囲で、できるだけ休憩をとる。
休憩とり忘れても自分を責めない。むしろ頑張った自分を今は褒める。
今の自分を否定しない。今の自分のペースでいい。それが正解。
あんまり悩むのも良くないので、ひとまず今は流れに任せて
気楽に構えて週末に向かっていこうと思います。

調子がいいと休憩を忘れる

好調
05 /11 2021
ちょ~っと調子がいいと、すぐに休憩をし忘れます。
今日は疲れました…。

朝から、いえ昨日の就業直後から今日やるべき事の計画を立てて
仕事、休憩、仕事、休憩…と繰り返していこうと思っていたんですが
急遽頼まれた作業も追加されて、昼休みに入るのも忘れるくらい
午前中は仕事に集中してしまいました。もちろん途中の休憩もなし。

これだから、躁症状が出てる時は気を付けないといけないんですよね。
頑張りたいだけ頑張れちゃうから。頑張れるのは良いことだけど
過剰適応にならないようにしないと…。うつのぶり返しは絶対、嫌!

でも、何とか自分でお昼休みを取り忘れてることに気付いて
ちょっと遅れてだけど休憩に入れたんですよ。
自力で集中状態から抜け出せたんです。成長じゃない?笑
お昼休みに図書館に本を借りに行くのも思い出せました。
昨日から食べたいと思っていたチャーハンも食べられたし。
ガッツリ休む時間は、ガッツリ集中して休めたんです。

ただ、午後も休憩するの忘れちゃったんですよねぇ…。
コミュニケーションも、物凄くいっぱい取りながら仕事したし
職場の方との雑談もたくさんしました。盛り上がりました。
程々ならいいんですよ。むしろ自分を褒めたいくらい。

でも今の自分の疲れ具合から見るに「頑張りすぎ」なんですよね。
躁状態で調子がいいからって張り切りすぎない。
休憩時間を疎かにしない。仕事を頑張るのと同じくらい
休憩とるのを意識的に頑張る。明日は絶対しっかり休もう。

そしてそれは今も。
お風呂も夕食も済ませたし、美容メンテナンスもしっかりしたし
薬もサプリメントも飲んだから今日は早く寝よう。
気持ちがハイになってるから、必要なら睡眠薬を追加してもいい。
休息は「努力」の一番底の大事な土台。自戒、自戒。

自己対峙中

こんにちは。

10年間の引きこもり。
アラサーでいきなり広汎性発達障害、
双極性Ⅱ型障害と診断されて
自分の病気の事を調べれば調べる程
わからなくなります。
自分が本当に病気なのか、
努力が足らない怠け者なのか。
性格が悪いだけなんじゃないのか。

でも病気であることはとりあえず
認めて、向き合おうと思います。
絶対!と決めずに“できるだけ”
日記を続けていこうと思います。